1位 タウンライフリフォーム

詳細はこちらからどうぞ

リフォームの見積り比較サイト、国内最大級、300以上の優良企業、リフォーム会社の見積もりが3分の簡単入力で複数社手に入る。

詳細はこちらからどうぞ

2位 ヌリカエ

詳細はこちらからどうぞ

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス。無料で素早く外壁塗装の相場がわかるサイトです。

詳細はこちらからどうぞ

3位 リノコ

詳細はこちらからどうぞ

キッチンリフォーム、トイレリフォーム、風呂リフォーム、壁紙リフォームの参考価格があります。全国対応のリフォームサービスで年間施工件数2,500件以上で、追加料金一切不要が大好評

詳細はこちらからどうぞ

トイレなんてどこも一緒だと思ってたけど違う

トイレなんてどこも一緒だとおもっていたら違う。

LIXILのといれっていうとサティス
サティスのプラズマクラスターで匂いなしにしてくれる。

その性能、空気清浄機レベル!

しかも泡が出てくるので小便をしたときに音が聞こえにくい
飛び散りにくい工夫がされている。

便器のふちは各社掃除しやすくなっていて

それに加えてTOTOのトイレはナノレベルまでツルツルにして
汚れが付きにくく洗い流しやすくしている。

そして、TOTOのネオレストは除菌水を自分でつくり
それを流すのでトイレはいつも清潔なのです。

パナソニックのトイレは専用の洗剤を入れて
泡を出すのでこれも飛び知らない構造

パナソニックのトイレ、アラウーノはデザイン性では一番かわいい。

リフォームの時はメモする

トイレは冬冷たいと困ります。

夏は冷たくても問題ないですが
温水洗浄便座などを設置したトイレなら、
脱臭機能が付いていますから、
このような悩みもなくなるでしょう。

通常のトイレはタンクが付いていますが、
最新のトイレはタンクがありません。

ですから、少し音が大きくなるデメリットもあります。
水をためておくこともできません。

タンクありだと断水でも1回は流せます。

トイレのリフォーム事例もインターネットにたくさんあります。
いろいろな事例を検証して研究するのも楽しいです。

リフォームをする時は、悩みを解消することが大切です。

自分の不満点をピックアップしてメモしておきましょう。

メモを渡せば相手はプロですから
あなたがどのようなトイレにしたいかを説明して、
それを実現してくれるだけです。

トイレリフォームで節約する

暖房便座にカバーを付けるべきかと言う点ですが、
電気代のことを考えると
カバーを付けた方がかなりの電気代節約となります。

冬の間の暖房費用の節約になるからです。

とはいえ衛生面で好きではない場合
カバーをつけるのがいやと言うのがあります。

ふたを閉めることでも電気代を節約することができます。

最近の便器の主流は節水機能もあり
ランニングコストが抑えられるのが主流です。

使用する水の量は最小限に抑えられています。

お金がかからないというのも
毎日を快適に過ごすことが大切なのです。

新しいトイレにリフォームするのにはトイレ代と工事費が必要です。

最新型の便器や温水洗浄便座を取り付けると
プラスのコストを見ておかなければなりません。

自動でトイレ掃除

台所は使用しなくても、トイレを使用しない人はいません。
毎日使うものだからキッチンと同じように大事な場所

もし使い勝手が悪ければリフォームすると快適です。

もちろん、費用についても考えておかなければなりません。

これからリフォームを考えている場合、コストも考えて
節水トイレにすべきなのでしょうか。

これからトイレのリフォームを検討している人は、
家族全員が気持ちよくなれるトイレを考えておきましょう。

最新のトイレを紹介しましょう。
TOTO以外ではINAXとパナソニックが販売しています。

パナソニックの商品はトイレ掃除を自分でやってくれます。
何もしなくて済むのですから、かなり期待できますね。

トイレは水を使用することが前提です。
少ない水できれいに洗い流してくれるタイプの便座です。

インターネットで施工例などを参考にして、
自宅のトイレをどうリフォームするか検討しましょう。

タンクありトイレのメリット

タンクありトイレのメリットは
タンク無しのトイレに比べて音が静かなこと

流す音が大きなタンクレストイレと比較すると
かなり音の少ないタイプがあります。

そのため住宅だけでなく飲食店などは
音の静かなタンクレストイレを選ぶことが多いのです。

トイレリフォームのときでも
トイレを流す音についてもう一度検討してみましょう。

トイレリフォーム おすすめ

トイレリフォームで迷ってしまうのが
タンクレストイレにするかどうか?

タンクレストイレにするメリットはデザイン性と
タンクの内分トイレが広くなること

その代わり手洗いを必要とするので
その分さらにコストアップしてしまいます。

逆にタンクありのトイレはコストも抑えられ
手洗いも一体化にすることも可能なので
経済的には易しい工事になるといえます。

断水や水がないときでも1階は流せるというメリットもあります。

2つトイレがある場合
1箇所はタンクありにする人も多い様子です。

リフォームを安くする方法

リフォームというと安くできるものと思いますが
これが、業者の言いなりになるとトンでもない価格になります。

リフォームを安くする方法の一つに
できるだけ間取りの変更を行わないことや

床をはがしたり壁をはがしたりせず
廃材を少なくするということ

解体費用と廃棄費用がばかにならないためです。

それでも、間取りを変更しながら
安くしたい場合、行積の比較検討が必要

それも全国規模の会社を比較する。
インターネットの利用で簡単に比較可能になっています。

最近の投稿

アーカイブ

ブログロール

ブログランキング PVランキング ブログランキング
  • SEOブログパーツ